こんにちは。
タカ美装です。

今回は無機塗料のメリット、デメリットについて掘り下げます。

無機塗料のメリット

メリット1 耐用年数が長い

無機塗装は「紫外線に強い」という性質があります。
無機質が主成分なので長持ちします。
(※無機質が100%の塗料ではありません)
有機塗料のシリコンやフッソ塗料よりも長い期間光沢を保ち芸壁の保護をしてくれます。

メリット2 汚れにくい

無機塗料は親水性という水になじむ性質があります。
その為、塗装した壁や屋根に付着した汚れを雨などが降った際に汚れと外壁の間に水が入り込み、流れ落とすことが出来ます。
又静電気が起きにくい性質があり、ホコリやごみも寄せ付けにくい塗膜です。
カビや苔もできにくく、汚れを減らし美しい外観を保つことが可能です。

メリット3 不燃性がある

無機塗料は主成分が炭素を含まない無機成分で構成されます。
その為有機塗料と比べると火災の際などに燃えにくいという特徴があります。

無機塗料のデメリット

デメリット1 価格が高い

無機塗料は他の樹脂塗料と比べ、価格帯が高めです。
その為、初期費用が多くかかります。

デメリット2 表面にひび割れが起きやすい

塗主成分が無機物で構成されているので、有機塗料と比べ塗膜が硬いという特徴があります。
その為、外壁表面にひびが入ると、一緒に塗膜もひび割れを起こす事があります。
ひび割れしやすい外壁には不向きな塗料とも言えますが、弾性力が高い無機塗料もあり、そのような塗料を使用して対応が可能です。

 

塗料自体の単価は高いですが、長い目で見れば塗装回数を減らす事が出来ますので、ランニングコストも良いといえます。

無機塗料は、劣化しにくく長持ちするとても理想的な塗料です。
無機塗料の高い耐候性を発揮させるためには、一定の厚みで塗装する職人の技術が必要です。

高価で高性能の塗料になるほど熟練の職人に依頼する必要があります。

当社では多数の無機塗料を使った塗装を施工しており、多数の経験がございます。
壁の塗装はその家、その家によって厚さ等が変わります。
当社職人は直接壁を確認し、その家に合った塗装、厚みで塗装を行い、高評価を頂いております。

愛知で壁塗装、屋根塗装をお考えの方は当社に一度ご相談下さい。